モデーアは業界No.1のコンプライアンスを目指しています。


業界No.1のコンプライアンスを目指して

outline_a

モデーアは業界のリーディングカンパニーとしての

責任を果たすため、第三者による諮問期間の設置や

「クレーム ゼロ」運動による徹底した教育・指導など、

法令順守(コンプライアンス)体制に取り組んでいます。

 

コンプライアンスとは?

コンプライアンスを直訳すると“法令遵守”です。

 

文字通り解釈するなら、“法令違反をしないこと”つまり

“法律や条例を遵守すること”となります。

 

しかしながら、この様な意味だけならば、

コンプライアンスなどとわざわざ

取り上げる必要もなく、

誰でもわかっていることです。

 

コンプライアンスが重要視されるのは、

その意味に“法令遵守”も含まれますが、

法令だけに留まらず、

社内規程・マニュアル・企業倫理・社会貢献の遵守、

更に企業リスクを回避するために、

どういうルールを設定して行くか?

どのように運用して行くか?を考え、

その環境の整備までを含んでいるからです。

画像引用元:http://www.internalcontrol-navi.com/request/compliance/outline.html

 

コンプライアンスを“法令遵守”とだけとらえて、

法律を守っていてもこれは当然のことであって、

最低限のレベルに違反していないだけです。

 

これを逆手にとり法の不備をつき『法令に違反していない』と、

違法ギリギリの行為をしている企業もあります。

 

しかし、このような行為は企業の社会的信用を失い、

取り返しのつかない事態になる可能性があります。

 

企業の規模・業種や問題の種類によっては、

『法令に違反していない』と説明しても、

それが必ずしも納得できるものとは

聞こえないことが多々あるのです。

 

コンプライアンスの原点として、

“公正・適切な企業活動を通じ社会貢献を行なう”

という思想があります。

 

特に、上場企業や企業ブランドを売りものにする企業で、

法の不備をつくような行為を繰り返し行なえば、

世間の企業ブランドに対する影響力は大きくなります。

 

これらの企業には、他の企業模範となるべく、

積極的に法令や条例以上の企業倫理・社会貢献の遵守し、

“常識が法である”という行動が求められています。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes